世界中の駐在妻たちのライフスタイルをPICK UP!

駐在妻に聞いた!シンガポールはなぜ駐在先として最高なのか?

 

シンガポールでの暮らしは「まるで長い夏休み、夢のようだった」と語る元シンガポール駐在妻の akolion さん。旅行のようなワクワク感が持続し、毎日なにか楽しいことを探しながら暮らす日々だったといいます。

海外で暮らすことは、普通はそれなりに大変なこと。アメリカであれヨーロッパであれ、憧れられるイメージとは違う苦労があります。しかし、シンガポールに7年間暮らした元ベテランシンガポール駐在妻のakolinさんの話ではそれらを微塵も感じません!

では、なぜそんな夢のような生活が送れるのでしょうか?以下を読めば納得するはず!

1. 海外生活なのに不自由はほとんどない!

外国での暮らしは何かと不便がつきものです。日本のように自由に出かけることができなかったり、食事での苦労、娯楽のなさ、衛生面、モノのクオリティや不足など、大変なことはつきものです。

しかしシンガポール駐在はどうでしょうか?

【治安】基本的に良く、akolionさんは日本よりも安全だと感じているほどです。パスポートの窃盗などの軽犯罪は日本よりも多いということですが、気をつけていれば生活のうえで困るということはなさそうです。

【衛生面】規則が厳しくウイルスを運ぶ蚊の駆除、ガムの禁止、喫煙場所の制限、ポイ捨ての禁止などを国の政策で取り決めているのはシンガポールらしい特徴。水道水を飲むことができたり、観光に力を入れていて景観が整っていたりと、基本的にはとても清潔な国です。

【移動】公共交通機関は整備されていてとても便利!MRTと呼ばれる電車とバスは都心部を網羅しています。タクシーも気軽に使えて運賃も高くありません。

シンガポール政府観光局公式サイト シンガポール内の移動 

【医療】内科であれば選べるほど、というほど日本人医師の数は潤沢!それ以外の専門医はさすがに少ないという点もあるそうですが、それなりにいるということです。

【品揃えやモノの入手】外国人がとにかく多く、世界中のモノが容易に手に入る!最近ではドン・キホーテもオープンし、今まで以上に比較的安価で様々なものが手に入るようになっています。

【日本食材】有名な明治屋に始まり、容易に入手が可能です。他国では難しい生で食すことのできる卵まで。生鮮食品のデリバリーサービスも充実していて、その日に届けてもらうことも可能。また、ネット注文で日本の魚を頼むことができ、生協のように届けてもらえます。空輸で冷凍でない生のネギトロまで手に入ります!

【日本食屋】たくさん!とにかく心配する必要がないほどたくさんあります。いくらでもなんでもあります。

シンガポールのお役立ち情報 Mongosteen Club 和食検索ページ

【習い事】もちろん豊富。パーチメント、ネイルの資格取得、和洋折衷とスペインとインドの料理教室、英会話、クィリング,バッティック、ヨガ、ズンバ。これらはakolionさんが行なっていた習い事ですが、何を選べばいいのかわからないほどありそうです…。

【日本人向けサービス】とにかく日本人会の施設は素晴らしいそうです。レストランや娯楽施設からクリニックまでなんでも揃っていて、akolionさんは現在他国に駐在していますが、いかにシンガポールの日本人会施設が充実していたかというのを実感しているそうです。

シンガポール日本人会公式サイト

ページ:

1

2

関連記事

  1. トルクメニスタン・トルクメンバシ駐在妻の暮らしてみて大変なところ、良いところTOP5

  2. アメリカ ケンタッキー州レキシントンのまったり駐妻ライフと生活情報

  3. ドイツ・デュッセルドルフ駐妻が住んでわかった!ココはヨーロッパいち駐在しやすい街?! 

  4. 【トルクメニスタン】あることでギネスに登録された結婚式場がなんか凄い

  5. ファッション・グルメ編:フランス・パリ駐妻に聞いた!花の都のリアルにがっかり?

  6. 基本住環境編:トルクメニスタン、トルクメンバシ駐在妻に聞いた!未知すぎる国…駐在妻はたったひとり!

  7. 住居編:トルクメニスタン・トルクメンバシ駐在妻に聞いた!超高級ビーチリゾート別荘地のようなホテル暮ら…

  8. アメリカ ノースカロライナ州グリーンズボロに駐在妻が住んでわかった!ココは適度に住みやすい田舎街!

  9. 首都アシガバード編!トルクメニスタンの建物を駐妻が紹介しちゃうよ!

最近人気の記事

  1. 登録されている記事はございません。

駐在妻さんの紹介

PAGE TOP