世界中の駐在妻たちのライフスタイルをPICK UP!

アメリカ ケンタッキー州レキシントンのまったり駐妻ライフと生活情報

アメリカ、ケンタッキー州レキシントンに2年、

シカゴでの生活も合わせればもうすぐアメリカ3年目になる駐妻Ricoさん。

穏やかでマイペースながらも着実に駐在生活を歩んできました。レキシントンでの日々の暮らしが垣間見える彼女のinstagramからはゆったりした日々を過ごしているのが伝わってきます。

すっかりアメリカでの生活に慣れたRicoさんの日々の暮らしやスーパーや日本食材などの生活情報を紹介します。また、文末では一見まったりしているRicoさんについて、駐在生活で発揮している本当の彼女の強さを綴ってみました。

Ricoさんのinstgram ↪︎ https://www.instagram.com/ricoppepan

※店舗などの最新情報は最終的にはご自身でご確認ください。

ケンタッキー州レキシントンってどんなところ?


The land of blue grass と呼ばれるケンタッキー州は春には美しい芝の絨毯が見られる場所です。
芝が有名なため競走馬の飼育も盛んです。街から離れれば牧場があり、また果物もよく育てされていて果物狩りができる場所もあります。芝が多すぎてアレルギーになる人もいるそうですよ!

工業の街として栄えていて、他にもバーボンの生産地として有名です。
なかでもレキシントンにはケンタッキー大学があり、大学を中心にダウンタウンが広がっていて学生が多く住んでいる学生街でもあります。

Ricoさんはダウンタウンから車で15分ほどの住宅街で暮らしています。「ダウンタウンが近くて便利ですね!よく行くんですか?」と聞いたところ「そうですか…?田舎なのでダウンタウンに行って特になにかがあるわけでもなく…、ちょっとしたお洋服屋さんとかレストランがあるくらいであんまり行かないですね」というくらいダウンタウンにはあまり用はないそうですが。

他にも天気がころころと変わるのが有名で、それを表現したTシャツが売られています。

NEXT → 挙式準備ではアメリカでウェデイングドレス探しも

ページ:

1

2 3 4 5 6 7

関連記事

  1. 首都アシガバード編!トルクメニスタンの建物を駐妻が紹介しちゃうよ!

  2. イギリス駐在妻が日本の家庭料理で人気クッキングラマーにまでなったワケ

  3. プレゼントにも!遠方への引越しが多い駐妻も嬉しいD-BROSのビニール花瓶

  4. 駐在妻に聞いた!シンガポールはなぜ駐在先として最高なのか?

  5. 意外と自然が近い香港! 片道1時間程度で行けちゃうおすすめの海ベスト3

  6. とにかく教育費が高い香港! お金持ちでも子どもは1人か2人まで?

  7. 駐妻さん♪アメリカ・ミシガン州での子育てが実は魅力的な理由を教えて♪

  8. 【トルクメニスタン】あることでギネスに登録された結婚式場がなんか凄い

  9. 【シンガポール】ゴキブリの駆除対策にペストコントロールを呼んでみたらすごく良かった!

最近人気の記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP